<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

無題

街角の桜が芽吹き始める

あなたは今年も花見に行くのでしょうか

もしも一時、花の影にでも私を思い出してくれたならばと

蕾に想いを馳せるばかりです



遙けき春はもう匂い立つまで傍に

近かりしあなたは遙けき思い出の中に

惜しんでばかりの私は余寒の中で

ただただ想いを馳せるばかりです



穏やかな日常がありますように

実りある春がありますように

季節の外れで願いましょう
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-03-31 02:10 | 雑記  

無題

指先にまで願いを込めて

爪先にまで想いを込めて

生きてきた全てを以て

私は踊る



私を離れて一つの作品という

容のない活きた空気となる

その瞬間私は自由であり

言葉をも凌駕する



刹那の命の閃光の後

私の歩いてきた道で

巡り会えた全てのことに

感謝をせずにはいられない
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-03-28 20:15 | 雑記  

無題

駅前のスターバックス

キゴ山の人の気配のないプラネタリウム

環状線

港の市場

エレベーターを降りて一番奥の部屋

気だるそうな店員とハントンライス

コンビニで買ったROOTSの缶コーヒー

天ぷらを食ったデパートのお歳暮売場でつまんだ柿のゼリー

駐車場でバッテリーがあがってしまったレンタカー

人でごった返す兼六園の入り口

城の南西の石垣

夕飯の焼鳥屋でもらったレモンのラムネとハローキティの飴

卯辰山



今でもいくらでも思い出せる

でも、いくら思い出しても、もうあなたとの距離は縮むことがない

記憶の中にしまってある、束の間に見させてもらった夢の中に、日ごと彷徨い続けてしまうだけ



それでも、私はあなたを想い続けるでしょう

あなたが息災でありますように

あなたの笑顔が絶えませんように
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-03-25 01:24 | 雑記  

無題

あなたを乗せて車を走らせる。

あなたは暫くして、車を降りた。

私はエンジンを切って、走るのを止める。

おりしも雪の日、春雪がフロントガラスに音を立てて降り積もる。

粗い雪の隙間から、あなたの歩いて行った方を眺めている私。

だんだんとガラス全体が雪に覆われていく。

吐く息が白くなる。

そうしてあなたの行方は分からなくなっていく。
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-03-08 01:45