<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

無題

言いたかったことを言えずに時が過ぎ、
聞きたくなかった言葉を胸に抱きしめて時が過ぎる。

呼吸を整えて、荷物をまとめて、前へと一歩。
それでも、どうやったら後ろを振り返らずにいられるのか分からない。
暗くなったこの街から、あなたがいるだろう遠い場所を見れば、
暖かな日の光の名残が今日に別れを告げようとしている。

今でもあなたはあの光のよう。
優しくて、美しくて、どこか寂しくて、そして、手が届かない。


苦しみと悲しみが募るほどに、心は救いを求めてしまう。
依る岸辺がもうないことを知るほどに、貪婪に愛を求め溺れてしまう。
掴めるものが何もないことを感じるほどに、自分の心が何かに握りつぶされて粉々に割れていく。

それでも、あなたを忘れたくはない。
愚かと分かったところで、私が後ろを振り向く度に心は砕け落ちる。
茫漠とした痛みの中で、その欠片を拾い集めては何とか自分のカタチを取り戻し、
そしてまた歩こうとするのだけれど、やっぱり再び後ろを向いてしまって心は砕けていく。

記憶を辿ることでしか、会えなくなってしまったあなた。
息を呑んで、息を殺して、呼吸を整えて、もう二度と振り向かないように努力してみる。
それでも、気がつけば後ろを向いて、あなたが灯す明かりを探してしまう。

時が過ぎるほどに言いたかった言葉は、胸の内で出口を探して膨らみ続け、
抱え続けている聞きたくなかった言葉は、胸を更に掻き毟りたくなるような衝動で満たしていく。


どうすれば、記憶を残したままこの想いを忘れられるのだろう。
どうすれば、ここから自由になれるのだろう。
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-02-25 03:41 | 雑記  

無題

雨の夜は、円く満ちた月が、山の向こうに浮かんでいるよう願う。

雪の日は、暖かい春風が、あの街を包んでいるよう願う。

私が暮れる毎日は、笑顔があの人に溢れているように願う。

思い出の向こう側で軽く手を振ったきり、見えなくなった後姿が、いつまでも息災であるように。

見えない姿をいつまでも追いかけている私が、その身に降りかかるであろう厄運を肩代わりできるように。

ただ、私がそう思うこと事態があの人の厄運そのものかもしれないと、躊躇いながら。

それでも全てが途切れてしまった今、私にできるのは、あの人の幸せをいつまでも願うくらいである。

どうか幸せであるように、どうか健やかであるように、どうか笑顔が絶えないように。

永く、永く。
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-02-21 05:10 | 雑記  

管理用

1月10日の記事はロック済みです。
パスコードは変更ありません。
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-02-21 04:28 | 雑記  

無題

暦は雨水に変わるのに、雪が降る。
しんしんと牡丹雪が降る。

白梅が首からぽろりと枝から離れて、雪の上に落ちた。
真白な雪の上にぽろりと落ちた。

散る暇は与えられない。
光に柔らかく映える機会も与えられない。

開きかけたのに、うまくその姿を終わらせることが出来ないままに、白い花片が雪に呑まれていく。
雪は否定する、まるで咲きかけたその姿など初めから存在しなかったかの如くに。

落梅は凍る寒さの中で土に還ることもできず、匂い立つこともできない。
いつまでも、雪の中で姿を変えられずに徒花として時間に舐められるがままにある。

花片はどこにあったのか、花片の他はだんだんと分からなくなってくる。
終わりを懇願しても、枝に戻ることを懇願しても
降り積もる雪音と、拡がりながら厚くなる白に全てがかき消されていく。

暦は雨水に変わるのに、雪が降る。
全てを真白に包んで、全てを否定して、牡丹雪が降る。
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-02-12 04:06 | 雑記  

無題

闇の中で、私は誰かの名前を思い出す
淵に沈みかけていた身体が抗い始める

沈黙の中で、私は誰かの顔を思い出す
淵に呑まれかけていた心が熱を帯びる

名前と顔が誰のものか思い出した時
私は光に包まれた

そうして私はまたここに戻ってきた

ただ、私が縋ったあの人は
ここにも、どこにもいない

少し眠っていた間に
私とは別の季節の中で
未来を刻み始めたのだろう

いっそ、いっそあの淵に全てそのまま沈んでしまえば
きっとこんな苦しみはもう終わったと、冴え返る空気の中で暮れる
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-02-06 05:27 | 雑記