<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

十年を経て

今の俺の心の内を聞いたら君はどう思うのだろうか。



今時そんなのはやらないと笑うだろうか。

それとも、この想いの強さに恐怖感を抱くだろうか。

あるいは、昔のように同じ気持ちになってくれるのだろうか。



あの頃はまだお互いに子供だった。
今から言えば「恋愛ごっこ」をしていたに過ぎないのだろう。
俺はまだ手もつなげないハナタレのガキンチョだったし、
君は周りに付き合ってることを打ち明けられないくらい恥ずかしがり屋だった。


そんな二人が始めて勇気を出した日を君は覚えているだろうか。
最初で最後の勇気を出した日を、覚えているだろうか。
人が立ち入れないビルの屋上になんとかして入り込んで別れ話をした、
その日を君は覚えているだろうか。
俺にとって、その場所は本当にお気に入りの場所で、
それまで誰一人としてそこに連れて来たことはなかった。
この二人が育ってきた街を、そして海のむこうまで見渡せる秘密の場所だった。
あの冬の夕暮れ、沈んでいく夕日を見ながらお互いのことを話していた。


高校の生活はどうだとか、バイトのセンパイがどうだとか、
なかなか二人とも話の核心に触れることができなくて。
でも、会っているのは日が沈むまでって約束をしたから、最後に俺は言ったんだ。



俺、いつまでも、ここでもう一度会えることを、
そしてその時は朝日を一緒に見ていられることを、
ずっと、ずっと、待っているから。



君は泣きながら俺の胸に飛び込んできた。











あれから長い長い年月が二人の人生で過ぎ、お互いに進む道も大きく異なった。
今日までの間に、何度か会ってはいるけれど、残念ながら
いつも会う場所はあの秘密の場所ではなかった。

それでも、俺は心の中でその約束を信じ続けているんだ。

本当は会う度に、その約束を覚えていてくれているか聞きたいのだけれど、
どうやら俺はあのときのハナタレのガキンチョのままらしい。





君への十年越しの想い。





君は、どう思うのだろうか。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-20 01:49 | よもやま  

背中

他人に期待をしてはいけない。
それが仕事であるならば、なおさらの事と思う。

仲が良かろうが、人が良かろうが、他人は飽くまで他人であって、
自分ではないことを忘れてはいけない。
口ではもっとなことや、気遣う言葉をかけてくるかもしれないが、
本人のいないところではなにをしているか、考えたことがあるだろうか。
疑ったことはあるだろうか。
信用のおける人、というのはそうそういない。
たいていは上っ面だけの、調子のいい人ばかりでしかない。

本音はなんなのか。
そこを良く考えなければならない。

もっとも、それが遊びであるなら、疑うのは馬鹿馬鹿しいし、くだらない。
遊ぶだけならば、上っ面でもいい。
適当にバカをやって面白おかしく時間を無駄にしていけばいい。


俺が言いたいのは「本当に妥協したくないこと」の話である。


もしも、その人が根幹に原則や基本を叩き込んだ人であるならば、
仕事のパートナーとしてはとりあえずは合格だろう。

それがない人であるならば、仕事のパートナーとしては失格である。
土台ができていない人間との仕事など、悪夢でしかない。


土台があるのであれば、応用は「今」できなくても、「近いうちに」こなせるだろう。
土台がないのであれば、いつまで経っても理不尽なことを押し付けてくるだろう。



もっとも、結果論から言えば話は違うかもしれない。
土台がなくても、付け焼刃でその場をしのぐことはできるかもしれない。
ただ、いかに仕事をリスクを減らしながら遂行するということを考えるのであれば、
ルールを守らない人間とは一緒にいてはいけない。
その人間を即刻自分の傍から外すか、もしくは自分がその場から外れるか、
その二つに一つだろう。


世の中には何を考えてか、環境を非常に閉鎖的にする人間もいる。
あるいは環境に自分を前面に押し出して、自分以外の意見を全て排除しようという、
そういう愚かしい人間もいる。
そして困ったことにそういう人間は自分で作り出した環境が、
実は他人の仕事の遂行を阻んでいることに気がつかない。
自分で他人の足取りを重くしておきながら、他人のことを酷評してくる。
そういう人間とも道を違えなければ、いい仕事などはできないだろう。


逃げるのと、見切りをつけて道を違えるのは意味が違う。
自分がそこそこの結果しか残せない場所であるのであれば、
違う場所を探して次に進まなければ一度きりの人生がもったいない。

もし自分が道を違えた後に理不尽な穴が開いたとしても、
そんなものは気にする必要はない。
その場所にはもともと理不尽な仕組みしかなかったはずだし、
理不尽な空気しか自分には与えられなかったはずなのだから。




仕事に私情は挟んではならない。
仕事は仕事なのである。
人間性が合うのならばそれに越したことはないが、
ルールを忘れているのならば言えば分かる、などと錯覚してはいけない。
ルールをしょっちゅう忘れるなど論外でしかないのだから。
馴れ合いなどを意識して作り上げる必要はないし、世辞などは必要ない。



そこに必要なのは、理詰め、それだけなのである。

できるのか、できないのか、それだけだ。



世の中にはほんの一握りの人しか、自分の背中を預けられる人などいない。
仕事は、遊びではないのだから。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-18 04:15 | 雑記  

狂気

多分今ならできる。


笑いながら人を刺すことも、

怒りながら自分を傷つけることも、

目を閉じながら殴られることも、

両手を空に向けて血を浴びることも、

首筋から罵声を浴びることも。


私は、今、再び私になった。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-16 00:34 | 雑記  

カラオケ 前奏中

やばい、この像、俺そっくりだ。



e0018941_3104336.jpg

[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-15 03:11 | 手抜き  

シアワセ、幸せ

たとえ自分が落ち込んでいても、シアワセはそこにある。



家族と就く食卓の中に、

友達と交わした言葉の中に、

自分の家の門をくぐった先に、

心地よいそよ風の中に、

誰かの感謝の声の中に、

自分の中に。



シアワセは時に引き潮のように陰ることもあるけれど、決して枯れることはない。





もしそのことに気がつけたならば、きっとその人は本当の意味で幸せを知っている。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-14 00:26 | 雑記  

世の中はワールドカップらしい

全く以って興味を持っていない人間ですが、とりあえず時流に乗って。



おいたしちゃメッ!


e0018941_3505088.jpg

[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-13 03:52 | 手抜き  

緑の中で

雨が続くこの季節は緑の多いところで深呼吸するのがいい。
土の匂いと若葉の匂いで肺がいっぱいになっていくのがいい。
欲張りに深呼吸し続けて、胸の中の空気と、周りの空気が同じ濃度になった時が一番いい。


なんだか自分が周りの緑にとけこめた気になるから。

そのまま自分が自分の殻から抜け出せそうな気持ちになれる。

そのまま自分が色んな嫌なことから解かれていく気がするから。

とても穏やかな気持ちになれるから。


多分この先に待つのはジリジリと暑い夏。
多分この先にあるのは容赦ない現実。
そこに飛び込む前に、命と勇気を育む。
そのためにこの季節はあるのだと思う。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-12 04:41 | 雑記  

燃やしてしまおう

洗い流せないものならばいっそ燃やしてしまおう。

できるだけ無残に砕いて、破いて、傷つけて、燃やしてしまおう。

燃やしきれないのならば、せめて元がなにか分からなくなるまで燃やしてしまおう。

全てを火にくべて、はるか彼方へ昇らせてしまおう。




――― そうして私は火をおこした。




一つずつ、その姿が崩れていくのを見守り、最後の一つを手に取った。

それが何なのかは、もう良く分からなかった。

ただ、そこから逃げ出したい気持ちに気がつかないふりをするので精一杯だった。

そして、震える手でその最後の一つを火の中に放り込んだ。





短い時間だったが、その端に火がともり、

炎がひねた私の胸の内を代弁するかのように

大事そうにそのすみずみまでを焼きつくし、

そしてそれが真っ黒な灰へと変わりゆくのを見届けた。














後には静かな炎が灰になったそれらを、それでも尚しつこく焼き尽くそうとする光景だった。











あぁ、これで全てをそれぞれの元へと返すことができた。

すべてを私の心の中から燃やし尽くすことができた。

これで、自由になれる。














その時、何か違和感を感じた。

なにかが胸の奥にある。

懐かしく、それでいて醜悪な、なにかが。










それは、残った灰だった。

姿を変えても、私の胸の内に残され続ける運命のそれは、恨めしそうな目で私を見ていた。

そう、私は灰を見ていたのではなく、灰に見られていたんだろう。










背中を冷たい汗が流れ落ちた。

声にできない悲鳴が頭の中に響いた。

体が急に思い通りに動かせなくなった。






声がする。

一緒に行こうと声がする。

一緒に行かねばと誰かが背中を押す。

この炎に焼かれる最後の者として私は堕ちていかねばならないことにその時気が付いた。






この身を、この心を、彼らに差し出さねばならない。





そして、私はその火の中にへと歩みを進めた。

ゆっくりと、一歩ずつ。

もう逃げることは許されなかった。






ふと、私は彼らが私のことを見下ろしている姿をみつけた。

彼らは決して昇っているのではなかった。

ただ堕ちていく私を、怒りと悲しみの目で送るだけだった。

彼らは焼かれつつも、姿を変えただけで、昇れなどしなかった。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-10 01:34 | 雑記  

梅雨

梅雨。



長く雨の降り続ける季節。



もしもこの雨が俺の心の中まで降り及ぶのであれば、
どうか俺のつけてきた足跡を洗い流して欲しい。



どこから来て、何をしていて、何を感じ、何と出会い、そしてどこへ向かおうとしていたのか。



全て洗い流して欲しい。



全てを消して、俺を自由にして欲しい。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-09 00:35 | 雑記  

望んだ言葉は

今日さ、俺、お前のこと見かけたんだよ。
昔よく一緒に出かけたあの通り、お前歩いてただろう。
すぐ分かったよ、だってあんなペンギンみたいな歩き方するの他にいないからさ。

…俺、また同じことを繰り返したんだよ。
お互いに相手の心の奥深くまで立ち入ってしまうってやつ。
あんだけお前とモメたのにさ、ころっと忘れてて。


お前に会わなくなってからガラにもなく、俺荒れてたんだよ。
とめどなく溢れてくる怒りにバカらしいって思ってたし、
止まらない涙にこんなものは時間の無駄って思ってたんだけど、
ホントはひどく寂しかっただけなんだよ、今思えば。

昔は殆ど毎日四六時中一緒に過ごしてたよな。
でも、知らない間に歩み縮めたらいけない相手の心の内まできてて、
別れる寸前は顔を合わせれば不機嫌になって、時には手もあげてさ。


だからさ、俺、こんなみじめな気持ちには二度となりたくないと思って、
心をもう一度閉じたんだよ、お前に会う前みたいに。





随分と長い時間を費やしたけど、俺はまた元気になった。




でもさ、また最近同じことやっちゃったんだよ。
どっかのバカな連中が知らない間に俺の心の内側まで入り込んでて、
どっかのバカもその連中の心の浅からぬ所まで立ち入ってたみたいでさ。

結局はあの時から進歩してなかったんだよ、俺。













あのさ、お前、なんで俺の声がこんなにも低くなってしまったか覚えてるか。
お前が俺の喉笛蹴飛ばしたんだよな。
俺、歌でも食っていけるくらいだったのに全部台無しにしてくれてさ。

でも、俺、お前に会えて良かったって思ってるんだよ、今は。
だって今なら分かるから。





あの時お互いが欲しかったのは理詰めの原因究明でもなくて、
相手を屈服させる優越感でもなくて、もっともっと単純なことだったんだ。





ごめん。




数年過ぎた今、同じことを繰り返し、やっと分かったんだ。
だから背中越しにだけれど、言わせて欲しい。




ごめん。




気づけなくて、ごめん。




傷ついたのは俺だけじゃなかったんだよな、ごめん。






今更気がついても、何もかもがもう手遅れなんだけど、
でも、お前に会わなければきっと今も気がつかなかったよ。
きっとお前ももう気がついてるよな。

だからもう話すことはなにもないさ。

じゃあ、元気で。

ありがとう。






さようなら。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-08 01:51 | 雑記