カテゴリ:よもやま( 7 )

 

十年を経て

今の俺の心の内を聞いたら君はどう思うのだろうか。



今時そんなのはやらないと笑うだろうか。

それとも、この想いの強さに恐怖感を抱くだろうか。

あるいは、昔のように同じ気持ちになってくれるのだろうか。



あの頃はまだお互いに子供だった。
今から言えば「恋愛ごっこ」をしていたに過ぎないのだろう。
俺はまだ手もつなげないハナタレのガキンチョだったし、
君は周りに付き合ってることを打ち明けられないくらい恥ずかしがり屋だった。


そんな二人が始めて勇気を出した日を君は覚えているだろうか。
最初で最後の勇気を出した日を、覚えているだろうか。
人が立ち入れないビルの屋上になんとかして入り込んで別れ話をした、
その日を君は覚えているだろうか。
俺にとって、その場所は本当にお気に入りの場所で、
それまで誰一人としてそこに連れて来たことはなかった。
この二人が育ってきた街を、そして海のむこうまで見渡せる秘密の場所だった。
あの冬の夕暮れ、沈んでいく夕日を見ながらお互いのことを話していた。


高校の生活はどうだとか、バイトのセンパイがどうだとか、
なかなか二人とも話の核心に触れることができなくて。
でも、会っているのは日が沈むまでって約束をしたから、最後に俺は言ったんだ。



俺、いつまでも、ここでもう一度会えることを、
そしてその時は朝日を一緒に見ていられることを、
ずっと、ずっと、待っているから。



君は泣きながら俺の胸に飛び込んできた。











あれから長い長い年月が二人の人生で過ぎ、お互いに進む道も大きく異なった。
今日までの間に、何度か会ってはいるけれど、残念ながら
いつも会う場所はあの秘密の場所ではなかった。

それでも、俺は心の中でその約束を信じ続けているんだ。

本当は会う度に、その約束を覚えていてくれているか聞きたいのだけれど、
どうやら俺はあのときのハナタレのガキンチョのままらしい。





君への十年越しの想い。





君は、どう思うのだろうか。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-20 01:49 | よもやま  

もっと深く

最近、ようやく一人で生きていける自信がついてきました。
って言っても、経済的な意味ではなく、心理的な面でですが。
まぁ、働いてないから経済的なハズがないね。

結構ここまでくるには時間がかかったなー。
何年くらいだ?

勿論一人で生きていける、というのと、一人が好き、というのはイコールじゃない。
一人になりたい時もあるけど、誰かと一緒にいたい時間もあるし。
ただね、いわゆる「人生の伴侶」みたいな人なしでも生きていける自信がついた、という話。
だから今まで通りに友達は大切にしていこうと思うし、
もっと色んな人と知り合いたいとも思ってる。




友達と、人生の伴侶、つまりは愛する人との決定的な違いってなにかって考えると、
それは時間を強く共有するかどうかじゃないかなぁ。
当たり前のことだとは思うけど、愛してる人とは共有する時間が友達のそれよりもずっと多いと思う。
それは自分のすぐ隣にいて一緒に何かをする、っていうものではなくて
たとえ遠く離れていても自分の心に相手が座り込んでいて、
四六時中気にかけているっていうことを意味してると思ってもらえればいい。
友達と愛する人では心を占めている範囲が大なり小なり後者が大きい。

俺は違うよ?って言う人もいるかもしれないけど、少なくとも自分の場合はそうなのさ。

そのことが良いか悪いかは知らない。
ある時は心地よかったり、ある時は苦しかったり。
でも、心にそういう人がいるってことは、心強いことじゃないかな。

両想いだとしても、一方的好きだとしても、それは自分が誰かを好きだという証拠だし、
苦しい思いをしていたとしても、
それは自分は一人ではダメだという弱点を無意識にちゃんと感じとっているってことじゃない?

もっと言ってしまえば、人が好きだってことじゃない?



それは素敵なことだと思う。
素晴らしいことに違いない。





でもね、俺、そういうのは疲れたんだ。
誰かに振り回されるのはイヤだし、
死ぬまで足踏みしないで自分を高め続けていたいし、
弱点は克服していきたい。

だから、いつ消えるかも分からないそういう感情で悩みたくはない。

くだらないこと、とは言わないけど、毒を含んだ果実、と思えてしまうのさね。





ホントはまだ、そういう果実にかじりつきたいし目いっぱい味わってもみたいのかもしれない。
でも、自分にウソをつくわけではないけど、心に麻酔をかけたようなカンジで
深い深い真っ暗なところにそういうものは全部沈めて、溺れさせて、
一人で生きていけるようにようやっとなってきたと最近よく思う。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-03-07 22:16 | よもやま  

ほくろ

注意:今日は若干エロです!!
耐えれない恐れのある方は読まないでください。
読んでグロかった、とか、ドン引きした、とか言われても知りません。
責任持てないので、ご了承ください。
再度警告します、今日はエロです
読んでも益になるような話ではありません。




俺、人に特徴つかんでもらう時、いつもホクロのことを話してる気がする。
俺に実際に会ってる人は分かってると思うけど、右頬と、左唇下、そこに少し大きなホクロがある。
ホクロ、って結構個人的には印象に残る部分で、目鼻立ちと同じくらいインパクトがあってね。
あぁ、昔付き合ってたあいつはあそこにホクロがあったなぁ、とか、時々何かの拍子に
ふと思い出すことがある。



なんで、ホクロに気がいくのか。
別にこのホクロじゃなきゃイヤだ、とか平べったいホクロがいい、とか、
そういうフェチズムからじゃなくてね。
多分、本番の時とか寝泊りしてる時とか、
相手の体にあるホクロによく目が行ってるせいなんだと思う。
顔のホクロとかはまぁ、普段人目につくから別にいいんだけど、
例えば腹のホクロなんて普段は人目につかないし、
足の付け根にあるホクロなんかはおよそ他人が見ることはそうそうないもんだから。
だから、かえってそういう部位のホクロってアタマに残ってしまう。


秘密を共有してしまった、なんだかそんな感じになる。


ホクロはいい。
顔ほど何かを語ることはないし、目的のモノよりいやらしさを感じさせない。
不幸にして相手と別れた後も、思い出として心に気兼ねなくとっておける。
顔を思い出すたびに味わう苦さとか、アレを思い出すたび抱かざるを得ない背徳感とも縁がない。
別に本番じゃなくたっていい。
着替えてる時とか、風呂入ってる時とか、そういう何気ない時、
相手が自分に心を許さないときっと目に触れることのない、そういうホクロ。
そういうホクロが俺は好き。


人から見れば馬鹿げた話かもしれない。


けど、そういうホクロを見ると、少しだけ自分が信用されてる自信が持てる。
勿論ホクロだけでそういう信用を感じるわけじゃないけど、ホクロでも感じる、という話。



ちなみに、この前昔付き合ってた奴と飲みに行った。
結構長いこと付き合ってた奴で、色んな話をして、ついでにホクロの話もしたら、こう言われた。



「あぁ、そう言えば、アレのアタマにホクロあったよね」。



正直、負けた気がした。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-01-13 02:20 | よもやま  

満たされないのは

いつも誰かを好きになると、必ず心のどこかでブレーキをかけてしまう。

どうせ世の中は許してはくれないのだから。
どうせ遊びで終わるのだから。
どうせ自分の勘違いなんだから。

色々と理由を考えては自分によく言い聞かせる。

俺なんかに好かれたとこで嬉しくないって。
迷惑かけることになるよ。
今一緒に遊べるだけでも良いじゃないか。

次から次へと言い聞かせて、そのうちに辛くなってくる。

人を好きになることは、そんなにもいけないことなのか。
俺は誰かを愛したらいけないのか。

そんなことを続ける間に、好きだと思った人はどこかで誰かとデキていたりする。
とても切ない反面、心底ほっとする。
あぁ、こんなイイ奴に俺じゃやっぱり不釣合いだったんだよ。

諦めがつくのかと聞かれれば、未練があると答えなければならない。
覚悟してハッキリ言ってみない自分を情けないと思わないのかと聞かれたら
その通りと言わざるを得ない。
アイツの隣でお前は並んで歩きたくないのか聞かれたら、勿論だと言うだろう。

それでも、一度沈め殺した感情にもう一度目を向けたくはない。

勇気はあると思っていても、自分はいつも臆病な道を選択してしまう。
次こそは、といつも思いながら、先延ばしをしてしまう。

一度でいいから、誰かを本当の意味で愛してみたい。
一度でいいから、誰かに本当の意味で愛されてみたい。
自分の胸がえぐれてもいいから、相手を自分の心が満たされるまで愛したい。
願わくば最果ての未来まで。
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-06-13 23:20 | よもやま  

愛してるって?

愛してるっていうのは、どういうことなんすかね?

顔がいいヤツだと、ヤリタイ!
体がいいヤツだと、ヤリタイ!
顔も体もいいヤツだと、超ヤリタイ!!

えぇ、いいんじゃなんでしょうか。
そう思うのが人間てもんじゃないか。

ただ、そこに愛はあるのか?
ヤッたら醒めちゃった、とかよくある話しだし。
う~ん、よく分からんね。

顔はフツー、性格のいいヤツだと、友達でいましょう。
顔が不細工、性格のいいヤツだと、はぁ?冗談だろう?

こんな場合は愛なんてない。

ただ、無防備に接しているといつの間にかこんなヤツを
好きになっちゃったりもするから困るのさね。

愛ができちったじゃーん。

予定外。

体だけの関係について俺はよく知らないけど
やっぱ恋人って呼べるヤツは、自分でも気が付かないうちに
だんだんと愛を注ぎ込んだヤツなんだろう。

一目惚れはうまくいかないよ、うん。
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-05-27 02:50 | よもやま  

羨望

何もすることがない日は、横浜のみなとみらいが好きでよく遊びに行く。
遊ぶと言っても、買い物だとか映画だとか何か目的があることは殆どない。
でも、家で一日ごろごろしてるのは腐ってしまって返って疲れてしまうから、とにかく外に出て行く。

友達を誘うことは先ずない。
一人でみなとみらいを500mlのペットと、大枚叩いて買ったMP3プレイヤー、
それに読みかけの本をお供にぶらぶらするのがいい。

横浜、特にみなとみらいのいい所は、海と空が良く見えることだと俺は思う。
渋谷の雑踏や、新宿の高層ビル群ではこうはいかない。
ぽかぽかに晴れて風の穏やかな日とかは本当に気持ちがいい。

で、MMの一地区の公園で寝転がりながら大抵本を読む。
そのうちに眠くなるのでうとうとしたりして。
でも、ふっと顔を上げて周りを見ると、カップルだらけだったりする。
それでだんだんと公園にいづらくなって最後はまたぶらぶらしながら帰る。

でもまだ一人だからいいのかもしれない。
もしも自分に「イイ人」がいてデートとかでこんな所を訪れていたとしたら、
周りのカップルみたいにベタベタしていたら…。
それはきっと無理なことだと思う。
少なくとも俺には日のあたる場所でそういうことをする勇気も度胸も甲斐性もない。

海に向かって

カップルのバカヤロー!!

とか叫んでみたいときもある。
公園は広いのに、俺のすぐ横に来ていちゃついてる時とか。


…いや、でもこうやって周りのことがあまり見えてない分、
別にいつの日か俺が「イイ人」といちゃついたとしても彼らには見えてないのかもしんないけど。


世の中の色恋事において当たり前とされていることが、俺には当たり前ではない。
なにか遠いおとぎ話のようなものでしかない。

いつもカップルを見る度に俺は羨ましいと思う。
いちゃついていることにではない。
愛し合えることにである。
自分がもしカップルだったら、ああやって誰にも気兼ねすることもなく恋を楽しめるんだろうか?

ウソをつかずに、真正面から愛せるだろうか?

心に障害がある自分にそんな資格はあるんだろうか?

まぁ、そんなカンジで一人がいい。
寂しいこともあるけど、二人よりは寂しくない。
そう思うから。 e0018941_321476.jpg
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-03-02 01:56 | よもやま  

想いをつたえる

想いをつたえる、それはとても難しい。
たとえ簡単なことでも、自分の考えが
そっくりそのまま100%寸分違わずに伝わるということはあまりない。
…いやまぁ
隣の席のヤツにルーズリーフくれ、とか
コンビニでビニール袋いらない、とか
そのレベルは大丈夫だけど、もうちょっと上のレベルの思考内容の話ね。

想いがつたわらないというのは、とてももどかしい。
仕事なんかだったりすると、場合によっちゃ

「なんでこんな簡単なこと分かんねぇんだよ!?バカ!!」

とか思ってしまったりもする。

ましてや色恋事に至っては想いがつたわらないと
悲しみの海に沈んだり、怒りの湯気が立っちゃたり、それはもう大変な時がある。


俺が大学に入って一番初めに愛した人は口下手を絵に描いたような人で
それはそれは大変だった。
一年が過ぎる頃には、もうほぼ毎日憤死か号泣で、かなりお互いに精神的に参っていた。
まぁ結果から言うとお互いにもう会わないことで合意したんだけど
最後に話をした時お互いが悪い人じゃないことはよく分かってるっていう話が出た。
じゃあ、なんで別れたんだって話になるけれども、それは紛れも無く
「想いがつたわらなかった」んだと想う。

今思えば想いのすれ違いが多すぎた。
俺はどっちかっていうと色恋においては、はっきりなんでも言うよりも
一枚ベールをかぶせたようなモノの表現の仕方が好きなのである。
って言うか、色恋で何でもかんでもストレートに言うのは
味気ない気がしてヤなのである(っつーか、ハズカシイ)。

対してその子は口下手で、口を開くときは必要最低限の情報だけを相手に伝えようとするので
婉曲表現などとは無縁、俺の言うことを汲めるはずもない。
俺が高度な変化球を投げても、ストレートしか取り方を知らないアイツには酷だったかもしれない。


想いをつたえるとき、大事なことは相手と同じグランドに立つことだと俺は思う。
同じグランドに立てないまでも相手のフィールドに近づこうと努力することが大切なんじゃないかと思う。
むやみやたらに自分の理想や主義を振り回して
相手にそれを分かれって言ったてできないに決まってる。
こちらが譲歩すれば、相手も少なからず譲歩するものだ。
しないヤツはコンタクト不能で放っておくしかない。
殊に色恋は実のあるものにしたければ、全部変えるのは間違ってるけど
少しは自分を変えてでも相手のことを受け入れていくことが大切なんじゃないかと思う。
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-02-09 01:19 | よもやま