カテゴリ:日記( 34 )

 

無題

あかあかと空高くに月

山向こうへ渡るのならば

どうか遙けき人の

寝息と息災を

静かに包み込んで

明日へと繋いで欲しい
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-09-13 04:07 | 日記  

夜の繁華街にて

路地裏を歩いていたら、箸にも棒にもひっかからないような連中に絡まれた。
本気で睨んでやった。
逃げていった。

あんたらとは毎日の覚悟が違うんだよ。
[PR]

by ryo-ta-n | 2007-02-23 01:41 | 日記  

ターミナル

まぁ、先週で消化器内科は終了したんですが、
どうも歯切れが悪い終わり方になっちゃいましてん。
付かせてもらった患者さんが末期癌の患者さんだったんだけど、
いつも遠い目をして話をしてるんだよね。


独り者でこの世にしがらみがないから大丈夫なの

ただ死ぬんじゃなくて、解剖の献体っていうのもありかなって

ここから見る夕焼けはとてもきれいでね

モルヒネなんか打つようになったら幻覚とか酷いのかしら


お願いです、元気になって。
死ぬことばかりをそんなに考えないでください。
元気になってもっと生きてください。
お願いだから。

そういうふうに思うんだけど、やっぱりとうてい口にできないんだよね。
何を言ってもヒトゴトのように響いちゃうから。
とても悩んで悩んで悩んだ末に言えたのは、


今よりも多く笑えるように、一緒に頑張りましょう。


…ホントにダメだ、自分。
一緒に頑張るってどう頑張るんだよ?
言った後、かなり自己嫌悪でした。
でも、やっぱり死に近いところにいる人が、
そんな中で自分に話をしてくれるのはとても有難いことで、
毎日毎日ベッドサイドまで行って、一時間近く話を聞いてました。


そしたら最終日に

今日でもう来れないのよね?
いつも話を聞いてくれて嬉しかったわ。
なんていうのかしら、セラピーみたいなものよね。
とても安心できたの、ありがとう。

って、そう言ってもらったんです。



自分て、本当に無力だなぁって。
帰りの電車で多摩川渡るときに、ちょっと電車の中で泣きました。
もういい加減な気持ちで回る時期はとっくに終わったんですね。
今更だけどもう一度確認した日でした。

その人は、また私が外来で通ううちに
立派な医者になったあなたに会えるかもしれないから、
頑張って元気になるわって、そう約束をして僕の前から
自分の病室へともどって行きました。

守れないかもしれない約束。
でも、それに応えなければいけないと俺は思います。


明日からも科は違うけど、色んなことをいっぱい吸収しながら
もっともっと成長しないと!
[PR]

by ryo-ta-n | 2007-01-15 00:09 | 日記  

その台詞は

君は手を振って、私にありがとうと一言つげた。
太陽のような笑顔で。

その台詞は本当は私の台詞だった。
ありがとうは、私のほうが言わなけれならない台詞だった。

大粒の涙がありがとうを、ごめんなさいに変えて、私の口から嗚咽を引きずり出してくる。
そんな私でいても、君はありがとうと、もう一回言ってくれた。

月のような笑顔で。



あぁ、私は救われた。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-11-25 01:33 | 日記  

誕生

手のひらをそっと頭に当てて、
その体を抱き寄せる。

その顔は涙越しに滲んで見えるが、
存在は手のひらのぬくもりが教えてくれる。

長い間、君の事をずっと待っていた。
一日とて君を思わない日はなかった。

ありがとう。
今日というこの日を、僕は忘れない。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-11-22 00:59 | 日記  

ピース

助けを求めて一つ手を伸ばせば、
また二つ目が逸らされる。

愛を求めて涙を流せば、
全てが滲んで見えなくなる。

孤独を恐れて叫べば、
人ごみの中ではかき消される。


傷ついても尚まだ人を求める愚かしさが人間というものならば、
生れ落ちたその時から、人は魂には枷が課された生き物に過ぎない。
賢い、強い、素晴らしいと虚勢を張っても、
自分たちはその悲しみを忘れたことはない。

救いのないこの渇きは、何で埋めるのだろう。
癒しのないこの寂しさは、何で埋めるのだろう。

探しているのは、無償の安堵。
探しているのは、無条件の安定。

なくしたものは…。
なくしたものは、大きなパズルの小さな1ピース。

最後の足りない1ピース。
それは時間が形を歪めて後、無造作に私の横に転がっている。
粘着質な感情のカタマリ、幸せの結晶。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-09-28 01:15 | 日記  

フライパンの中

今日、久しぶりに病院から家までまっすぐ帰ってきた。
時間も早いし、体力もまだ残っていたから、夕飯を作ることにした。

豚肉を適当な大きさに切って、えんどう豆の筋を取り、
フライパンに油をひいて炒めた。



適当に火が通った時、皿に盛ろうとフライパンを持ち上げるとコンロの脇に
炒める時にフライパンの外に落ちてしまったえんどう豆が一つ、俺の目に付いた。





あぁ、俺はこのえんどう豆なんだ。





そう思った。




その後サラダを作ろうと、たまねぎを切ったら、
涙が止まらなくて困ってしまった。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-06-06 22:57 | 日記  

おしり

今日は、うちのクラスのイケメン、いいけんと飲んできました♪
って言っても、いいけんとは本当に唯のクラスメートで、あまり話したこともなかったんだけどねー。
だから、俺の仲良しのツマに頼んでセッティングしてもらいました。


いや、でも、なかなかに凄かった。


飲み始めは全然皆当たり障りの少ないテストの話とか実習の話とかしてたのに
だんだん、酒が進むにつれてクラスメートの女子の話になり
あの胸を触診したいだの、あいつのハダカは見たくないだの。
更に酒が進むと夏の間は暑かったから、彼女とにゃんにゃんする時でも窓全開だったとか、
風俗はどこそこの店がいいとか。


イケメンいいけんはとんだヨゴレでした。

いやまぁ、人のことをとやかく言える身分じゃないんだけどにぃー。



でも、完全に帰る頃にはみんな酔っ払ってて、体脂肪率の話をしたら
8%の体ってどんななのよ!?って俺のケツを揉みまくり。
腹も揉みまくり。
何を思ったか、股間も揉みまくり、


もう男子校のノリだったさね。


で、帰り際にトイレに行った隙にツマといいけんは俺の携帯をチェックしたらしく
ゆりからきた「娼年」に関するメールを発見し、飲み屋の隣にある本屋で買ってた。


あぁ、また一人俺のヨゴレ人生を知っていく人が増えていく…。
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-09-25 23:14 | 日記  

夏が、終わる

さぁ、今日から後期開始です!
つまりは夏休み終了です!
僕の今年の夏は終わりました!
おそらくは遊べる最後の夏でした!

さぁ、間もなく試験ラッシュです!
神経内科が難しくてふて寝したいです!
終わったら病院実習です!
年明けは国家試験です!

まだまだ踊っていたいから、キツイけど頑張ります!

頑張って皆の元へ帰ります!

さぁ、勉強しないと!

明日もいい日になりますように!
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-08-29 21:57 | 日記  

東京トリップ

本日は東京小旅行でございました。
殿さんと、あっちゃんと、NORIと、まりとで月島へもんじゃを食べに。
いやぁ、もんじゃがおいしいのは言うまでもなく、EXPO以来に殿さんに久しぶりに会えたのが

とても、とっても嬉しかった!

その後隅田川の岸辺でみんなでたそがれたりしつつ
殿さんが明後日から富士山に登りに行くらしいので
それに使うリュックを買いに新宿に。

なんだかすごいデカイやつをお買い上げになられていましたYO(^^)
多分NORIくらいは頑張れば入るんじゃないかなぁ?

その後は夕飯を食べるべくお茶漬け屋に入るも、NORIのリクエストにより
お店を抜け出して串屋に駆け込む。
NORIに聞いたら、デザートがある店がよかったらしい…
食いしん坊めー(-△-)

色んな話をみんなでしていたら、あっという間に制限時間終了。
名残惜しかったので、スタバで一服して帰りました。



また行きたいなー。

いつまでWISH続けられるか分からないけど。

いや、多分最後まで続ける気がするけど(^^;)

でも、近いうちにまた行きたいなー。


できれば歌舞伎町や二丁目とは離れた所に、ね(>▽<)
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-08-22 23:26 | 日記