カテゴリ:未分類( 29 )

 

無題

ゆっくりと傷をなぞる
触れた指先の生暖かさが
開いたことを
他人事のように覚える

ゆっくりと傷をほじる
指先にこびりついた膿が
昔に起きたことを
無理矢理にやり直させる

それぞれの時に
それぞれの人と

しっかりと結ばれていた縁が
傷を内側から閉じていたことを
溢れた涙で洗いながら
ゆっくりと思い返す


[PR]

by ryo-ta-n | 2017-08-11 00:25  

無題

うまく飛べない人間だと
自覚していたつもり

けれど、本当はうまく飛べないんじゃなくて
飛べない人間だった

その場で跳ねていただけの人間だと
気がついてしまった

よくつまずく人間だと
自覚していたつもり

けれど、本当はつまずいていたんじゃなくて
降りることのできない人間だった

一人舞い上がって高い所に登って
そのまま降りられないのだと

大して高くもないところ目指して跳ねて
大して高くもない所からずり落ちて
もがいているだけの
そんな人間
[PR]

by ryo-ta-n | 2017-07-08 00:30  

無題

揺り起こさないで
眠らせた人懐かしさを

呼び覚まさないで
忘れかけた人の温もりを

掻き乱さないで
捨てきれなかった希望を


もし消えてしまったら
その時だけでいい
私だけを抱きしめて






[PR]

by ryo-ta-n | 2016-11-09 07:13  

無題

本分を思い出せ
私は当事者ではなく、観測者

本懐を思い出せ
なにかを渇望するのではなく、全てを手放す世界

記憶と記録を頼りに
事実だけが交差する世界

安寧と、安息と、安堵を
[PR]

by ryo-ta-n | 2016-10-27 19:04  

無題

ひりひりした不快感から逃れたくて
早く、一日でも早く
全てを一人で決められるように
強さを求めていた

今や、不快感は消えて
求めた以上の強さに
途方のない寂しさを
突きつけられて過ごす

今になって気がつく
あの梅雨のような不快感とは
可能性が詰まった
恵みの時期だったのだと

花を咲かせるために
双葉を捨て
花を散らして
実を結び
そして土へと還り
私達は安寧に抱かれる
[PR]

by ryo-ta-n | 2016-10-02 20:32  

無題

霙に打たれた衣服が重くなり
霧に飲まれた心が薄れていく


死にかけた病人からは、強い命の臭いがして
私の白い服からは、誰かの死の臭いが取れない


幸せを探そうとかざした磁石には
真っ黒な砂鉄がまみれて離れない


溶ける雪が、掌に残した冷たさでその存在を遺していくように
消え行く私も、然にありたい

[PR]

by ryo-ta-n | 2015-12-09 05:46  

無題

私は人々を観察し
生活を体験するために生まれてきたのであって
楽しむためではないのです。


全ての道に、灯火を。
全ての盃に、美酒を。
全ての心に、平穏を。
[PR]

by ryo-ta-n | 2013-12-25 01:35  

無題

気づかぬうちに、私を刎ねて
瞬きのうちに、私を刎ねて
私が何かを感じる前に、私を刎ねて



忘れかけていた
忘れようと努めていた

でも、最後に手を振りあった場所で
イヤホンから静かで人恋しい曲が突然流れるものだから


私は互いの髪が真白くなるまで
傍にいたいと願っただけ


その願いが今、私の首を締め
心を刺している
繰り返し、何度も、何度も


私を刎ねて

知らないうちに、私の毎日から
あなたごと、私を消し去って

この頭が白くなるまで
きっと私はあなたを待ち続けてしまうから
[PR]

by ryo-ta-n | 2013-08-11 01:05  

無題

三尺寝の蜃気楼の中で

あなたは私の前に現れた



柔らかなナイフで私を刺していく

優しい言葉で私を打ちのめしていく

抗う術を私は知らない






真白き入道が私の顔に雨粒を落としていく


近寄れば静寂の中で道を失い

遠ざかれば平穏の中で寂寞を募らせる



再び私そのものがいなかったことにして

あなたはいずこかへと消えてしまった

私の胸に上手に噛み痕を残して



桐の花から大粒の雫がこぼれる
[PR]

by ryo-ta-n | 2013-07-27 14:11  

無題

七つ目の月の、七つ目の夕

影は夜とともに流れ行く



軟草の上に七つ、小桶を並べて

今宵、星の海へ流るる川を映す



空に存れば高く

水面に映れば懐かしく



三下がりの三味を爪弾いて

二つ上がりの調子外れの唄



闇は微睡み、かささぎが並び飛ぶ

会えなくなった片羽は、想いが丈にまかせて

此の岸辺から、彼の岸辺



虫の声音、夏の夜風、遠き鳴神

全てを背風に、私はあの日へ渡り行く
[PR]

by ryo-ta-n | 2013-07-10 22:33