無題

輝けるはずの場所にいながら、この星の塵にすらなろうとしない。

やってる事と言えば、毎日嘘を積み重ねて、

崩れ落ちてきた罪にその身が押しつぶされるがまま。

なのに、馬鹿みたいに白い服が、これまた馬鹿みたいに似合う。

全てが、嘘と虚栄の塊みたいな人。



いつの間に、その人はそんなにも惨めになってしまったのだろう。
[PR]

by ryo-ta-n | 2009-01-03 03:32 | 雑記  

<< 無題 無題 >>