無題

僕は注射針を橈骨動脈に刺した。

皮膚を針が貫く、痛い。

皮下組織の中を針が進んでいく、疼く。

ブチブチと結合組織が切り裂かれる音が腕の奥から聞こえる。




針先が血管壁を貫いた。

鼓動に合わせて血液が針の内腔を通して吹き出る。

真っ赤な、温かい、僕の体を満たしているもの。




ああ、僕はまだ生きているんだ。

心が吐き出せなかった「なにか」を腕から勢い良く溢れさせながら。

浴室の白い壁が、着ていた白いシャツが、彼岸花のような燃える赤に染まるのを見ながら。

無機質に僕の右手は、左の手首から針を引き抜いた。
[PR]

by ryo-ta-n | 2008-08-19 17:11 | 雑記  

<< 無題 無題 >>