無題

俺の望みは君に殺してもらうことだ。
できれば、最後まで君の顔を見ていたいから
俺の首を両手で絞めて殺して欲しい。
君がどう感じるかは俺にはあんまり重要じゃない。
俺の未来を刈り取る死神が君だということに、俺は堪らない衝動を覚える。

どんなに苦しくても、どんなに無意味でも、
俺は君に殺されるなら笑いながら魂を吐き出せる。
[PR]

by ryo-ta-n | 2007-07-31 02:30 | 雑記  

<< 無題 無題 >>