宝石

この世で最も美しい宝石を僕たちは持っている。

右眼と、左眼。

どこまでも透通る瞳の奥の更に奥。
この世の全てを僕らは宝石越しに見ているのに
どうして世界はこんなにも美しく映らないんだろうか。

あぁ、そうか。

だからこそこの宝石は、涙に溺れ続けるのかもしれない。
[PR]

by ryo-ta-n | 2007-06-15 03:29 | 雑記  

<< 一人きり 無題 >>