みじめな時間

いっぱい笑って、いっぱい考えて、いっぱい喋って
その後にくるのはみじめな時間、みじめな自分。

こんなにも背伸びをしないことがつらいのは
本当に本当に今の自分が久しぶりに本気で勝負に出ているんだと思う。

自分の学歴も、所属も、財力も、全て封印して、
そのままの「自分」で勝負をかけている。

みじめな時間、みじめな自分。
これこそが誰にも見せたくない本当の自分の実態。
[PR]

by ryo-ta-n | 2007-02-21 01:19 | 雑記  

<< 夜の繁華街にて 絆 >>