長期戦

分かった、そのままその方向へ進むというならば、俺はここで待とうじゃないか。

俺の追い求めるものが今手からすり抜けているように
君の追い求めるものがいつの日か君の手からすり抜けたら、
君の指と指の間に君を待つ俺が立っていようじゃないか。

君の追い求めるものは絶対にその手では捕らえきれない。

僕が待つ君は、薄く軽い僕の存在にいつか絡め取られる。

その日を僕はここで待とうじゃないか。
[PR]

by ryo-ta-n | 2007-02-06 23:19 | 雑記  

<< 冬の明ける季節 探求 >>