ブラック・イヴ

光の下で笑顔に溢れている人がいる。
この上もなく幸せな気持ちで。

路地裏で涙をこらえている人がいる。
この上なく寂しい気持ちで。


生まれたのは幸せになるためだと、
誰もが信じて一日一日を乗り越えているのに、
なぜこうも違うのだろうか。


幸せになることは誰かにとっては罪であり、
不幸なことは誰かにとっては幸せであり、
博愛の前夜、混沌とした空気が僕を包む。




幸福、恨み、怒り、信頼、愛情、侮蔑、感動。




それぞれがそれぞれの業を担い、ゆっくりと心に何かを刻み込むようにして前夜は明けていく。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-12-26 02:30 | 雑記  

<< 点滅灯 心の力 >>