超えていくということ

俺にくっついている全てのレッテルを剥してみたい。


学歴、性別、国籍、人種、家柄、その他もろもろの全てを。


剥がしきれたとして、果たしてそこにいるのは俺なんだろうか。
俺が俺でいることは、そういうレッテルに頼らずとも存在できる「何か」に依るんだろうか。


そういうことを考えながら、今日も自分を縛るレッテルをぶち壊してやろうと、
俺は色んなものを掴み、蹴り飛ばし、悪態をついて、
たまにいたわりながら、牙を向いてみる。


痛い思いにも慣れてきた、今日この頃。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-08-23 03:16 | 雑記  

<< 傷は塞がらず 今踊るこの時 >>