人はそう言うけれど

そんなに廃退的でも後ろ向きでもないし、自傷的でもない。
ただ少しだけ感傷的で、強がりなんだと思う。


時には人の不幸を願いながらも、毎晩神様に世界の平和を祈り、
自分の全能性のなさを呪い、鏡の前で笑ってみる。

消えてしまった言葉の向こう側と、言えなかった言葉の影に、
いつも自分の面影を縫い付けなら、ただ幸せでありたいと、
そう思いながら心の海で穏やかに漂流している。


きっとそれが、俺なんだと思う。
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-07-10 04:13 | 雑記  

<< 落ちていこう 夜が明ける >>