一人で旅行をする理由

一人旅が好きです。
誰かと行く旅行も好きだけど、3回に1回は一人でないと心がもちません。


なぜか?


単純なハナシ、心に溜まったものを吐き出せないから。
一人で旅行する目的って何って聞かれた時に、よくみんなに言ってる
自分一人の力量を測るのが好きだからっていうのも勿論ウソじゃないんだけど、
それだけだと実は目的の半分にしかならないんだよね。

残りの半分の「吐き出す」と併せて一人でどっか行くのさね。



吐き出すってなによ?って思う人もいるかもしれないけど、
簡単に言えば普段口に出せない胸の内を誰かに聞いてもらうってことだと思ってもらえばいい。

でも、それは愚痴じゃない。
アイツがキライ、とかそういうことは別にそんな旅にまで出て言うのはお粗末過ぎる。
俺が聞いてもらってるのは、もっとこう、なんだろう…。
うまく言えないけど「傷痕」みたいなもの。

適当に入った安っぽいバーにいる酔っ払いでもいいし、
風俗街で声をかけてきた化粧の濃い売春婦でもいいし、
廃車寸前のタクシーの運転手でもいい。

とにかく面識がない人なら誰でもいい。
欲を言えば苦いなにかを味わってそうな人なら尚いい。

そういう人に傷痕を聞いてもらう。
こちらはその人の傷痕を聞かせてもらう。

そういうのって馬鹿げてるのかもしれない。
親しい人に話せないなんて寂しいヤツって言う人もいるかもしれない。

でも、親しいからこそ知られたくない傷痕もあるし、
マトモな人には理解しがたい傷痕もあるし、
喋ってるうちに古傷が開いて泣いてしまうこともある。

そんな乾ききった悲しい空気を、俺の知ってる人たちには吸って欲しくない。







次はどこへ行こう?
[PR]

by ryo-ta-n | 2006-04-10 02:18 | 雑記  

<< 血の色の向こう側 今のWISH >>