無題

霙に打たれた衣服が重くなり
霧に飲まれた心が薄れていく


死にかけた病人からは、強い命の臭いがして
私の白い服からは、誰かの死の臭いが取れない


幸せを探そうとかざした磁石には
真っ黒な砂鉄がまみれて離れない


溶ける雪が、掌に残した冷たさでその存在を遺していくように
消え行く私も、然にありたい

[PR]

by ryo-ta-n | 2015-12-09 05:46  

<< 無題 無題 >>