無題

もうすぐ、夜が明ける

山の端が朱に輝く

東を向いて歩き始める時間が来た



まだ、夜が残る

沖は鈍く紫に煙る

西には抗い難い夢が残る



宵に見始めた夢は、捨てきれないまま毎日過ぎていく
白昼夢こそ見なくなったけれど
未練はそこかしこ
[PR]

by ryo-ta-n | 2015-06-01 04:51 | 雑記  

<< 無題 無題 >>