無題

重たい雪が降る

白く、先が見えなくなる


全てが押しつぶされる



白き先から花が香る

寒さに切られた蕾から


全てが懐かしい



真白な目蓋の裏側で

涙に溶けた記憶が

ゆっくりと鮮やかに蘇る



心、乱れるな

抱きとめたものは、今

古き白を塗り重ねて

まだ見ぬ白を成し始める
[PR]

by ryo-ta-n | 2013-01-18 22:58 | 雑記  

<< 無題 無題 >>