無題

日毎に机の飴色が温もりを増す晩秋。

そろそろと正直な気持ちを綴っては、
届かない手紙だと屑籠に投函する。

思い浮かぶ北の国は、山も、庭も、城も、
見事な紅に燃えている頃だろう。

何をして、何を考えておいでだろうか。

息災たれ。
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-11-18 04:46 | 雑記  

<< 無題 無題 >>