無題

焦れに焦れ
泣きに泣き
いっそ死んでしまいたいと願う

石榴の木を見ては、貴方が好きと言った事を思い出し
桜の木を見ては、貴方と訪れた桜山の奥を思い出し
暮らしの小さき事にすらつけ、貴方を思い出す

寝ても覚めても心よじれ
涙痕残して泣く気力も早や失せた

家人はやつれる私を心配し
友人は腑抜ける私を叱り
一人二人と私の周りの目が白けていく

別れの言葉を忘れ去ることなどできず
その真意を未だに受け入れられない
鍛えねばならないのは、むしろ私の心

焦れに焦れ
泣きに泣き
それでも貴方の幸せを願うばかり
[PR]

by ryo-ta-n | 2011-01-03 03:34 | 雑記  

<< 無題 無題 >>