無題

冬の夜空に舞うカラス
抜けるように澄んだ闇の中で、黒い翼を大きく広げて飛ぶ

探しているものの在処はわかるのに、街の光に溶け込んでいて、辿りつけない
黒い翼では、あの街には溶け込めない

遠く離れたこの場所から、夜毎に焦がれながら求めるだけ
隠れるように、拒まれるように、ひたすら遠くから

賢しらだ、狡猾だと言われ、傷ついてしまった翼をそっと折りたためる大きな木を
今夜も啼きながら探し続ける
[PR]

by ryo-ta-n | 2010-12-22 13:11 | 雑記  

<< 無題 無題 >>