無題

分別できない痛みを

理由ごとに細かく指定したゴミ箱めがけて

目を瞑りながら思い切り投げつけた



目を開けたら、あらゆるゴミ箱はひっくり返って

時間をかけて、やっと捨てた他の痛みが

僕の周りを埋めつくしていた





日毎にゴミ箱の種類は増えていく

そのうち、僕自身がゴミ箱になるんじゃないかと

ふと、考える
[PR]

by ryo-ta-n | 2010-01-14 01:42 | 雑記  

<< 無題 無題 >>