時々だけれど

無性に寂しくなるときがある。

別に寂しくなるようなできごとがあったわけでもないし

概ね充実した毎日を送っているし、そんなことを感じる必要も道理もないはずなのに。

でも、寂しい。

秋とかはセンチメンタルになるらしいので、まぁ分かるとしても

一年中決まって何回か寂しくなるのはなんでなんだろうか?

恋人とか友達とか家族とかは関係のない寂しさのような気がする。

どっちかって言うと、自分で解決すべき問題。

自分の性のこともあまり関係ない気がする。

誰かに助けてもらえても、誰かに肩代わりしてもらうことはできない。

ひっ迫した問題でもないけれど、解決しないと歯に挟まった鶏肉みたいに不快。

そういう寂しさ。

そして、ちょっと居心地のいい慣れてしまった寂しさ。

多分この漠然とした寂しさから抜け出したときが、

胸を張って俺は幸せです!

みたいな臭いセリフを堂々と吐けるようになっているんじゃないかなー、と思う。
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-04-22 01:49 | 雑記  

<< 無駄足 幸せ >>