いい顔、いい男

「イケメン」と「いい顔」というのは絶対に違う。
誰がなんと言おうと違う、と俺は思う。

イケメンは100%生まれの素質で決まる。
だからイケメンっていうのはどうあってもなれる人しかなれない。
でも、イケメンには絶対的な弱点があると俺は思っている。
それは加齢である。
年を取るのは間違いなく誰にでもあることで、それに伴って肉体的な美しさだとか、肌の美しさとかそういうものは消えていく。
勿論個人差っていうものはあると思うけど、イケメンは一時的なものでしかないと俺は思っている。
今イケメンであっても、10年や20年したらどう考えても今より見劣りするに決まってる。
まぁ、同年代の中では相変わらず顔立ちはいいのかもしれないけど、数十年後には今のイケメンにとって代わる新しい若いイケメンが登場しているはずである。
その頃に「キレイな顔で勝負する」というのはムリがある。

いい顔、これに代わる魅力は先ず無い。
いい顔とイケメンは違う。
いい顔は誰でもなれると思う。
いい顔っていうのは努力次第だと思う。
努力っていったって化粧品ぬりたくるとかじゃなくて、何かに打ち込んでいる時にいい顔っていうのは生まれる。
ついでにもう一つ言わせてもらうなら、その何かには必ず苦労が伴わないといけないと俺は思っている。
パチスロだとか、ゲームだとか、そういう苦労が伴わないことに打ち込んだって、それはいい顔を生み出しはしない。
ゲームクリアするのにだって苦労するんだよ!とか、いい台見分けるようになるのだって大変なんだよ!とかは論外である。
仕事、勉強、趣味以上の習い事、スポーツ、そういうものに打ち込んだときにいい顔というのは生まれると思う。
でも、いい顔は努力次第でいつでも誰でもなれる代わりに、努力を放棄した瞬間、あっと言う間になくなる。

そして俺の中ではイケメンはいい顔には絶対に勝てない
なんでかって聞かれても、経験則なので答えられないけど、とにかく勝てない、絶対に。

中身の伴わないイケメンほど虚しいものはない。
凡人にはイケメンほどのチャンスはないかもしれない。
得することも少ないかもしれない。
でも、努力をした者には必ず努力しなかった者より豊かな人生があると思う。
今はなくても、絶対に後でついてくる。
負け犬の遠吠えとしか思えない人には思わせておけばいい。
未来が絶対に証明してくれる。

まぁ、イケメンのいい顔が無敵なんだけどね。
[PR]

by ryo-ta-n | 2005-02-20 14:46 | 雑記  

<< 羨望 悲しみを表現する >>